ましましの承認欲求

 最近小説を書かずにこっちのブログの文章ばっかり書いてますね。やっぱり気楽だからでしょうね。だって小説は上げた瞬間に評価がはじまってしまうから。

 ここのブログもアクセス数が出ますけどアクセス数が多い=いい記事ではないですし、そもそもほとんど自分しか見てない気がしますのでほとんど日記を書いてる気分です。本当に気分が楽。誰も見てないんだし何書いてもいいじゃんの気分ですね。何書いてもどうせアクセス数なんて伸びねぇよって感じ。

 

 はい、本文。

 小説をアップし続けてだんだん評価が(ブクマとかいいねとか)もらえるようになってきました。同じCPをずっと書いてることもありましてABのイカスミパスタという感じで一部の人には認知されるようになりました。

 誰が押したかとかも見れるんでああ、いつものメンバーだって人が出来てくるんですね。本当にありがたい限りです。

 

 じゃあそれで承認欲求が満たされるのか、楽しくなるのか?

 

 答えはNOですね。

 予想通り、今よりもっともっと大きい数字が欲しくなってきます。最初は見てくれた!ありがとう!の気持ちからだんだん閲覧だけしてブクマしないやつとかなんなの?ブクマしないんなら読むなくらいの傲慢さになってきます。人のキャラクター借りて小説書いてるだけなのに本当に良いご身分ですね。

 たとえ自分比良い数字がもらえたとしても今度は感想が欲しくなるんですね。感想って言い方はやめましょうか。文章で自分の小説を褒め称えて欲しくなるんですね。

 感想は中毒性があります。本当に格別ですもん。一回もらうともう戻れません。いやどう考えてもお世辞だろうってくらいの文章で私の小説を褒め称えてくれるんです。

 

以下感想の例(微妙に改変してます)

神さまいつも素敵な作品をありがとうございます!

泣きました、本当にいいお話でした。

この小説に巡り会えたことを感謝しています。

 

はい、こんな感じ

嘘だろ。お世辞だろうって思いますよね。私もそう思います。でも嘘だろうと思っていてもすごく嬉しいんですね、これが。現実社会でお世辞でもこんなに褒められることなんてないですからね。

 この文章が一回来ると、どうなるか。満足するのか?

 

 これがしないんですね。

 1通もらうともう1通欲しくなります。じゃあ2通もらったら3通って感じできりがないんです。もっともっと感想が欲しい。もっともっと褒めて欲しい。いい話だって言われたい。

 もっと欲しいだけならともかく今度は感想が来ないと今回の作品ダメだったかなとか落ち込んでヘラりだすんですよ。しばらく感想きてないな。もう書くのやめようかなとか思い出すんですよ。止まらない承認欲求ですね。これ書いてて自分でもアホだなって気が付きました。

 

 ちなみに感想をもらいたい時の1番いい方法は素直に感想くださいと書いてアピールすることですね。

 なんなら作品毎に毎回やりたいくらいですがあんまりやるとヤベーやつということがバレるので3ヶ月に1回位に抑えてます。

 

 嘘でも哀れみでもいいから感想くれ。いいなって思わなくてもいいねって押せ。って感じのマインドです。誰かに褒めて欲しい。本当に。