超メジャージャンルで勝負してみた

 タイトル通りです。どうもいつもの腐女子です。私は腐の二次創作小説をいつも投稿してます。

 普段ABというマイナーとまではいきませんがそこまで多い人数では無いジャンルで私は活動していました。そこでまあまあの数字を貰ってしまったので私は調子に乗りました。

 メジャージャンルで勝負したらもっと数字が貰えるのでは!!

 で、張り切って書いて大爆死しました。普段の数字のまじで4分の1くらい。メジャージャンルなので周囲の数字ももっと多くなりなんなら周りと比べても結構な大爆死。消そうかなと思った。

 ABでは4倍くらい数字が貰えてるのに!なんで!と思いましたが私はその理由がわかってしまいました。

 

 これが俗に言うこれしかない需要か

 

 説明しましょう。これしかない需要とはそんなに面白くないorそんなに上手くないけど、このCPこの人しかまともなの書いてないからこの人の作品読むしかない。という腐女子のマイナージャンルにおける悲しい現象です。

 私のいるジャンルは過疎というレベルではないですが投稿者はそこまで多くないです。毎日の新着作品を余裕でおっていけるレベル。昔は神様がいました。昔は

 その神様、飽きちゃったのか作品投稿やめちゃったんですよね。で、その辺から私の作品がぐんぐん伸びて評価されるようになってきました。だってそれしかないもんね!

 

 いや、言いたくないけどさ。読みたいなって思うレベルの投稿が少ないんだよね。ABってさ。確かに上手な人もいる。でもその人たちもどんなに多くても月2回くらいの投稿だし、その人たちの作品だけではものたりない。

 だから仕方なく私のやつ読んでるのね!わかる!確かにABって面白い話少ない!久々に見つけた面白い話って過去のヤツばっかり!2、3年は前のヤツ!

 

 なんか虚しくなってきたな

 

 小説投稿はずっとは続けられない趣味ですね。ネタは切れるし、飽きてくるし、時間もかかる。創作する側は見る側以上に情熱が必要ですからジャンルに冷めてしまったらみんな早々に辞めていってしまいます。あと忙しくなった人たちもあっという間に居なくなります。

 そんなこんなで半年から1年くらいでだいたいみんな抜けていきます。私は1年くらいこのジャンルで続けていますが、それでも長い方です。

 何しろただの趣味ですから。嫌になったらもう書くことはありません。長く続けられる人はそれだけで才能ですね。

 

 自分の作品が伸びて嬉しいけど、でも悲しいな。神様戻ってきてくれ。

 読むものがないよ!!

ピクブラプレミアムの正しい使い方

この話の続きです。https://ikasumipasuta.hatenablog.com/entry/2021/04/08/201758

ヘラりすぎてピクブラのプレミアム会員をやめた話。

 

 またまたプレミアム会員に戻りました。やっぱり作品のステキ順が知りたいので。もちろん自分の作品の順位が知りたいわけではありません。でも読む側としてはやっぱりステキ順は役に立ちます。そのCPの面白い話を見つけやすいので。

 

 そこでようやくプレミアム会員でも自分の順位が見えない方法を見つけました。てかなんで今まで気が付かなかったんだ。

 

ピクブラプレミアムで自分の順位を見えなくするやり方

 

1閲覧設定で作品のステキ数表示を表示しないに切り替える→これによって他人の作品のステキ数が表示されなくなります

 

2自分を除外ユーザー登録する→これでステキ数順に作品をソートしても自分の作品が表示されなくなる

 

 これだけです。なんで今まで気が付かなかったんだ。エゴサが減りました。これだけでも大分解放された気分です。

 ついでに匿名感想ツールのリンクを書くのをもうやめにしました。どうせ来ない。リンクを置いてない方がまだ精神衛生上いいです。

 

 こうしてメンヘラのルーティンが多少は減りました。よかった。そもそも絶対に評価されたくないならステキ数をカウントしないという手段がありますが、あれは閲覧数も見えなくなります。そうすると私のモチベがゼロに!!

 書きたいから書いてるのも事実ですが、評価されたいのも事実なんですよ。そうじゃなきゃ投稿なんてするわけないですよね。みんなステキしてあげてください。特に私に。ステキって思わなくてもとりあえず読んだらボタン押してください。

 ちなみに毎回押してくれてる人は名前覚えてますよ。怖いでしょ。心の中で大好きって思ってますよ。たったひとつのボタンで、人間って単純ですね。

 

憎しみを産むTwitter

 Twitter腐女子にとっては楽しい交流の場です。好きな人の作品がTLに流れてきて、それにいいねして感想を送ったら、リプでありがとうございますって返ってきたり。仲のいいフォロワーさん達と通話したり一緒にゲームしたり。しょうもないリプを送りあったり。自分の作品を好きなROM専から感想リプを貰ったり。

 他の投稿サイトでは一方的に作品をあげる→評価されるって形から、作品もあげられる+同じ趣味の仲間と交流できるにパワーアップするので本当に楽しいです。

 ただ楽しさの分同じだけの煩わしさと、そして負の感情を産むのがTwitterだと思います。

 

Twitterの嫌なところ1

人の評価が見えやすい、そしてそれに嫉妬する。

TLに人の作品が流れてきますので自分から探しに行かなくても目に入ります。自分の数倍のいいねを貰っている人、たくさんの感想リプを貰っている人。いくらでも見つけることができます。うらやましいですよね。そして同時にヘラります。私にはこんな作品書けないって。面倒くさすぎですね。でも人の作品をTwitterで褒めまくってる人を見ると意味もなく勝手に落ち込みます。

 

嫌なところその2

 好きでもないCP、シチュエーションがいくらでも流れてくる。そしてそれを眺めてるうちに鬱陶しくなって地雷になってくる。

 ブログのどっかで地雷とかないとか書きましたが訂正します。Twitterを見てるうちに地雷ができてきました。(ちなみにこれは地雷とか大っぴらに言い出すやつは最低だと思っていることは変わりません)

 なんでTwitterをやってると地雷ができてくるのか、システムは簡単です。好きでもないCPとかが流行り出すとTLを埋めつくします。そうすると好きじゃないものがめちゃくちゃ流れてくるので、興味無い→鬱陶しいな→嫌いだな→地雷になってきます。みなさんもわかるでしょ。そんなに好きじゃないタレントがテレビで売れてきてゴリ押しとかされ始めると、こいつ好きじゃないな→嫌いだな見たくないなに変化するでしょ?それと一緒です。

 

 

嫌なところその3

 そもそも不快なツイートをする奴がいる。

Twitterは魔の巣屈(https://ikasumipasuta.hatenablog.com/entry/2021/03/20/220048)で書きましたが、Twitterは文字だけの発信のせいか理解できないことを書く人間が時々居ます。

 病みツイート、自撮り、そんなものは理解不能でも見てて面白いだけで無害なので楽しいですが中には、他人を批判する内容を平然と書く人間がいます。○○ファンは○○をかっこいいって言うけどそれは○○の表面上しか見てない。とかこの界隈は民度悪い最悪、とか。よそでやってくれって感じですよね。そんなにこの界隈は嫌ならさっさと抜けてくれと思います。少なくとも私はその界隈で楽しんでますから当然不快です。

 でも大丈夫!Twitterには便利なブロックとミュート機能があるから!

 リアルな人間関係とちがって直ぐに切れるのがTwitterのいいところです。合わないオタク仲間とはそっと離れましょう。

 

まとめ

 腐女子Twitterには楽しいこともあればそれだけ嫌なこともある。どっちもそれなりにエネルギーを使うので、疲れてる人はTwitter始めない方がいい。

以上です。ここまで読んでくださった方ありがとうございます。

フォロワーは承認したら死ぬと思っている

結論→無反応フォロワー程腹が立つもんはないよね

 

私はピクブラで活動してるっていう話をしました。ピクブラのいい所は作品の公開範囲を選べるってところです。

ピクブラは一応SNSなのでフォロー、フォロワーという概念があります。フォローもワンクリックでできるパターンと承認したらフォロワーになれるパターンとあって見せられる範囲を限定できるっていうのは非常にありがたいです。

 

で、私はフォロワー限定公開の話も結構上げてるんですけど、フォロワーのフォロー申請しときながら無反応がほとんどなことに微妙に苛立ってます。

そもそも私はある程度フォロワー外にも読める話を残してますのでフォロー申請する人はお試しである程度読んでから申請できるようになってます。なので読んで面白くないなと思ったら申請しないと思うんですが、承認すると何故かみんな無反応になります。

無言で申請する人はともかく、メッセージなどであなたの小説読みました!面白かったですなどと丁寧に感想を伝えてくれた人までがみんな無反応になっていきます。

コメントやメッセージがないのはともかくワンクリックで済むはずのステキすら殆どの人が押してくれません。押してくれるのはだいたい6人に1人くらい。最初はそれに死ぬほど腹が立ってましたがだんだんそういうものだと諦めが着いてきました。

私が承認したらフォロワーは死ぬ仕様になってるんでしょう、多分75パーセント位は死ぬんだ。

 

さっき諦めがついてるとか言いましたが嘘です。ちょっとムカついてる時とか無性に腹がたつのでフォロワーをそっと無言で解除してたりします。謎のストレス解消法。

皆さんも切られたくない人には公開素敵しておくことをおすすめします。

 

 

ヘラりすぎてピクブラのプレミアム会員を抜けた話

 私はピクトブランドという投稿サイトで小説を投稿してました。しばらくはプレミアム会員でいってましたがやめることにしました。というかやめました。今は一般会員です。

 

 理由は簡単。順位が見えるから。

 

 ピクブラはピキシブと違って、そもそも評価数を周りに見えなくしたり、そもそも評価のカウントをやめたりとか投稿者に優しいシステムです。評価数を隠している投稿者も多いので数字で比較しにくいです。

 ピキシブはブクマの数値を隠すことはできないですよね。読み手的にはブクマ数をみれるのはすごくいいシステムですが書き手的にはしんどいです。前後の投稿者と比べて自分の話が良いか悪いか一瞬でわかるシステムになってますからね。

 

 そんな中、ピクブラ内でも評価の数字を丸わかりにするシステムがあります。それがプレミアム会員限定で使える作品のステキ順ソートです。

 ステキ数をカウントしない設定にしてる人以外の作品は全て人気順に並べられます。

 さて、このシステムがあるとどうなるか。そうです。私のようなメンヘラ評価依存投稿者はその順位をいちいち確認しに行かないと気が済まないんですね。

 しかもこの順位ソート。結構有能です。1週間とか1ヶ月限りでこの範囲内に投稿された作品の人気順とかもわかるのでかなり正確に知りたいところの順位がわかります。

 作品を投稿する毎にこの順位をつぶさに見に行っては一喜一憂する日々です。1番メンヘラ的に辛い瞬間は、自信作が別の人が書いた自分好みじゃないクソ話に抜かされる瞬間です。

 え?これに負けてるの?こんなのに?客観的に見れば多分そっちの方が面白いんでしょう。でもそうだからこそそれを思い知らされるのがしんどいんです。で、その投稿者が気に食わないから嫉妬でアクブロしてみたり、除外ユーザーに突っ込んでみたりするんですね。そんな日々に疲れました。なんて不毛なんだろう。

 自作品にもステキくれてる人はいるんだからその人たちにありがとう、それだけでいいのに。

 正直な所、私の作品クオリティに対してつきすぎるほどステキは付いてます。多分長くやってるからフォロワー数が多いのでその効果でしょうね。これ以上の評価を望むのは贅沢。それはわかっていても嫉妬してしまうんですね。

 

 で、結果。プレミアム会員を抜けました。見れるとわかっているとどうしてもみてしまうので。プレミアム会員じゃなければ人の順位はわかりません。相手の作品も純粋に楽しく読めます。

 プレミアム会員はステキソート以外にも結構役立つ機能がいっぱいあって抜けたくなかったんですけど、ステキ順でヘラるくらいならと思って抜けました。

 ステキ順に興味がある人はプレミアム会員おすすめします。期間も指定して順位を見れますし、ROM専でも面白い作品探しに役立つはずです。

 あと書き手としては直リンク禁止が地味に嬉しいですよね。ピクログの記事とかを編集できたりするのも便利です。ヘラらない人はプレミアムいいと思います。

 

 

 

謎の自治会に疲れた話

 最初にはっきり書いといてしまいましょう。私はwrwrd、通称主役は我々だのナマモノを書いてる人間です。

 

 主役は我々だというのは主にYouTubeなどで活躍されてる人気ゲーム実況者さんですね。

 

 ナマモノというのは実在する人間を元にした二次創作という定義です。が、実際は二次創作全般を示す言葉として使われてはないです。主に腐表現、つまりBL表現を含んだ2次創作についてナマモノと表記されていることが多いです。

 なのでいわばただその人の絵を描く、漫画を描くだけではナマモノと呼ばれずだいたいファンアートの扱いです。まあ、ここら辺も面倒なんですよ。どこまでセーフでアウトかという議論がいつでも起こってます。

 

で、基本的にナマモノは隠れるべきものとファン内でルールが決まっています(誰が決めたのか分からないけど)

 

理由は

1本人が嫌がるから。

まあ妥当ですね。自分が題材になったBLを嫌がる人も当然いるでしょう。

 

2そもそも著作権、肖像権的にグレーだから

これを言い出すと漫画、ただアニメの二次創作もそうなのでこれは隠れる理由になってない気がしますね。

 

3一般のファンと棲み分けるため

普通のファンがメンバー名で検索するとBL絵がいっぱい出てくる。確かに地獄感ありますね。これは確かに困るでしょう。でもこれも漫画、アニメの2次創作にも当てはまりますからなんともいえないですね。

 

4晒されるから

何を思うのか本人に作品を送りつけたり、ネット掲示板に作品URLを貼り付けたりする人がいるそうです。その人たちから自衛するため隠れるんだとか。

 

 なので基本は本人から隠れるため、本人に嫌な思いをさせないためという名目でナマモノは隠れるべきと主張されてます。

 ルールを守れ派は実際活動されている方の中でナマモノを見て、嫌がって活動停止した人がいるとだいたい話に出してきて、それでルールーを守れと主張されるのですが私はそのソースを知らないのでなんともいえません。

 

 正直なところをいうと漫画アニメの2次腐もかなりやばいと思うのですが、これはわりと大っぴらにやってます。Twitterでも鍵をかけずにそう言った絵を出している人はたくさんいますし、ピキシブなど大手のイラスト投稿SNSでもワード検索で1発で出てきます。それで投稿者が叩かれることもないですし、許されています。

 しかしナマモノジャンルになると急に厳しくなります。Twitterは鍵アカ絶対!ですし、ピキシブなどで大っぴらにBL小説を載せようものならすぐにナマモノ警察が飛んできて、それはここには載せないでくださいだのなんだの色々文句を言われるでしょう。 

 小説やイラストの投稿はGoogle検索に引っかからないクローズなサイト投稿にというのが基本ルールになってますし、なんならそこのサイト内でも本人の名前をプロフィール欄に書いてたりすると注意されたりします。ナマモノタグをつけてたりするとそれでも注意されますしもう意味不明なところまでルールはきてます。

 プロフィールに誰々のファンですと書かないことが隠れていると言えるのか、ナマモノタグをつけないことが隠れていることなのかよくわかりません。いわゆるお仲間にしかわからない記号や英文字を組み合わせて投稿するのが基本です。

 

 生身の人間を使ってBL創作するなんて気持ち悪い、見せないでくれという感覚はこんな創作をしている私にもわかります。

 ただ2次BLを書いている人にナマモノとか気持ち悪いとか言われるのは解せないですね。それも結構一般ファンや作者からするとドン引き案件だと思うんですが、なぜか2次BLを書いている人の中ではセーフみたいです。

 もちろん2次BLを書いている人間も一般ファンとの棲み分けを図っていろいろやってたりするんですが、ナマモノとはレベルがぜんぜん違います。なぜかナマモノはとてつもなくルールが厳しいんです。はい、ここまでが前提です。このルールの厳しさが私の今回言いたかった愚痴ではありません。

 確かにナマモノというジャンル。一般人から見たら超キモいでしょう。理屈抜きで隠れろと言いたくなる気持ちわかります。で、ここまではいいです。

 

こっから愚痴

 

 私は主役は我々だのジャンルでナマモノを書いていてますとはっきり明言しました。

 普通ぼかすべきところを思いっきり書いたのは意味があります。我々だには他の界隈にはほぼ存在しない公式が表明した二次創作ルールがあるのです。

 私が意訳して書くと意味が変わってしまうかもしれませんのでそのまま公式ルールを貼り付けますね。

 

----
「○○の主役は我々だ!」に関する二次創作ルール(2019年7月版)
----

■基本方針
「○○の主役は我々だ!」に関するリアル、ネットを問わないあらゆる逸脱も含めた二次創作表現を全面的に歓迎しています。
利用者間では
・どんな創作表現にも、とてもおおらかに
・各人の解釈や方針に干渉しない
・作劇上、我々だの中の人の感情や事実を配慮せず、忖度もしない
 という方針で運用をお願いいたします。
※各サイトにおいて動画での収益受け取り等は自由です(2019年7月追加)


■禁止事項
「○○の主役は我々だ!」に関する自由な創作表現の継続を保護するために、以下の禁止事項を定めます。

・「ハーケンクロイツ(鉤十字)」を扱った一切の装飾表現(卍マーク等文脈によっては誤解与えるものを含めます)
・公式のロゴの利用等によって企画そのものを「○○の主役は我々だ!」公式が行っているかのように明確に誤認される表現

■注意してほしいこと
コスプレなど「どこで何の表現をして良いか」はそれぞれの場を提供する主催者によって制限されていることがあります。
そうした場で発表をする場合、主催者の定めるルールを優先してください。

 

 はい、これが公式ルールそのままです。かなり衝撃的ですよね。

リアル、ネットを問わないあらゆる逸脱も含めた二次創作表現を全面的に歓迎

 ここすごくないですか?びっくりしますよね。つまり公式がナマモノでも許すよ、むしろ好きにやってくださいと言ってます。

 

利用者間では
・どんな創作表現にも、とてもおおらかに
・各人の解釈や方針に干渉しない

 

 ここもすごいですよね。公式がファン内での解釈戦争や、ルール戦争するなよと、自分たちは許可したからファン内で殴り合うなよとわざわざ書いてくれてます。

 

 これで我々だの二次創作は自由だ!まさに表現の自由を私たちは得た!とはなりませんでした。

 むしろ他の界隈よりファン内でルールを押し付けあい、叩き合ってると思います。

 

 ナマモノを検索避けしてないサイトで投稿しようものならたとえ注意書きがあっても袋叩きです。普通にナマモノルールが適応されます。

 

 おかしくないですか?だって公式がOKを出したんですよ?各人の方針に干渉しないって書いたんですよ?実際は干渉しまくりです。

 もちろんサイトの規約に違反するものはアウトだと思いますが、そういったものでなくてもガンガン叩かれます。

 

 コスプレにおいてはBLとかじゃなく普通にコスプレして載っけただけでも叩かれます。厳しすぎない?君らどっからルール持ってきて何を正義として人の行動を叩いてるの?

 

 こういうことを書くとね。いや、ナマモノは普通に考えて例外でしょ!常識で考えてよ!本人が見たら不快でしょ!みたいな謎勢力が出てくるんですよ。まじで意味わからない。

 

リアル、ネットを問わないあらゆる逸脱も含めた二次創作表現を全面的に歓迎

 

 この文面見ていやナマモノは例外でしょって思います?思いませんよね。あらゆる逸脱(BLは除く)じゃないですもん。普通に日本語わかる人ならなんでもオッケーしたんだなって思いますよね。

 しかも本人たちの公式ブロマガで発表した文章ですからね。本当に嫌ならこのグループ抜けてるか、この文章載せないですよね?

 

 私は恥ずかしいので小説はこそこそとわかりにくいところでやってますが、『各人の解釈や方針に干渉しない』という文言がある以上人のやり方に文句は言えないと思っています。

 私は右に倣えでナマモノルールを基本的に守って投稿してますが、公式ルールが存在する以上我々だの二次創作は公式ルールに乗っ取るべきでしょう。もちろんサイト上の運営ルールはそのサイト内では公式ルールよりも優先すべきものだと思いますし、ファンが自分の良心にしたがって棲み分けするのは問題だとは思いません。

 けど、公式ルールを勝手に自分の中でマイルールに置き換えて人を叩くのはやめた方がいいと思います。

 この人合わないなと思ったらその人とは距離を置く。それでいいんじゃないですか?人を攻撃する必要ありますか?こういう風にしたらいいと思うますよーくらいならともかく、守ってないとかありえない!くらいのテンションで人を袋叩きにするのは見てて不快です。

 あなたこそ公式ルールの各人の解釈、方針に干渉しないに反してませんか?

 

 私は本人さんたちがファン同士の不毛なルール戦争を見てこの二次創作ルールを出したんじゃないかと思ってます。

 頼むから謎ルールの押し付けやめてくれ、新しい謎ルール作らないでくれ。自分の中の自衛策は自分だけでやってください。ほんとに。

 

 

 

 

読み専ならぬ書き専

 昔の私は読み専ならぬ書き専でした。つまり小説を書くだけで読むことはぜんぜんしませんでした。

 理由は簡単、自分の小説が好きすぎて人のを読む気が起きない。ただそれだけ。

 

 えっ?なんて傲慢!ってなるかもしれませんがおそらく同族もそれなりにいるでしょう。

 自分の小説はまさに自分好みのキャラが自分の思う通りに動いてくれるので最高です。好きが詰まってるので最高に面白く感じます。

 で、自分の小説を読み返したり、自分で新しい小説を書くのに忙しいから人の書いた小説を読む時間がない。ただそれだけです。

 

 そんな状態が半年くらい続いたかな?ある日急に魔法が解けました。なんでかはわかりません。

 でも自分の話が1番面白いと心の中では思ってたのがある日急に消えました。で、人の話を読むのがすごく楽しくなりました。

 

 ついでに自分の書いた文章がそんなに好きではなくなったので創作意欲も急激に落ちました。

 自分以外に上手い人がいくらでもいるから書かなくてもいいやの精神です。現実が客観的に見れるようになったら小説が書けなくなってきました。

 小説書くときは自分に酔ってないとダメなのかもしれないですね。