読み専ならぬ書き専

 昔の私は読み専ならぬ書き専でした。つまり小説を書くだけで読むことはぜんぜんしませんでした。

 理由は簡単、自分の小説が好きすぎて人のを読む気が起きない。ただそれだけ。

 

 えっ?なんて傲慢!ってなるかもしれませんがおそらく同族もそれなりにいるでしょう。

 自分の小説はまさに自分好みのキャラが自分の思う通りに動いてくれるので最高です。好きが詰まってるので最高に面白く感じます。

 で、自分の小説を読み返したり、自分で新しい小説を書くのに忙しいから人の書いた小説を読む時間がない。ただそれだけです。

 

 そんな状態が半年くらい続いたかな?ある日急に魔法が解けました。なんでかはわかりません。

 でも自分の話が1番面白いと心の中では思ってたのがある日急に消えました。で、人の話を読むのがすごく楽しくなりました。

 

 ついでに自分の書いた文章がそんなに好きではなくなったので創作意欲も急激に落ちました。

 自分以外に上手い人がいくらでもいるから書かなくてもいいやの精神です。現実が客観的に見れるようになったら小説が書けなくなってきました。

 小説書くときは自分に酔ってないとダメなのかもしれないですね。