Twitterは魔の巣窟

 しばらくはずっと書いた小説のみを投稿サイトにアップする日々でしたが、だんだん交流している二次創作者同士が羨ましくてついにTwitterに手を出します。

 私はそもそもTwitterをやる前から何人かの方と仲が良がったのでまずはそこからつながりました。そことの交流はすごく楽しいです。お互いにいいねしたりリプしあったり、たわいない会話したり。

 そもそも趣味が同じ人間ですので当然会話も楽しいです。幸いなことにノリやテンションも近い大人な方が多かったのでお互いに踏み込み過ぎずそれなりに仲良くやってます

 ただいろんな人と仲良くしてるとどんどん自分には理解し難い不思議な人とも繋がっていきます。

 

1最初からタメ語で来る人、そして謎のハイテンション。ごめんなさい、正直ついていけない。顔文字とかスタンプとかあんなに連打する必要ある?

 

2異常なツイート回数。本当に一日中ずっと高頻度で呟いてる。1時間に10回くらい。朝から晩まで。悪いけどなにしてる人なんだろう。

 

3生理重いアピール、体調不良アピール、毒親アピール。たまにならともかくそういう人はいつも言ってます。というか家庭内のプライベートすぎること呟かれると反応に困る。

 

4確実に誰かに対しての悪口を呟いてる人。しかもリアルの愚痴じゃなくて同人仲間への愚痴。いや、本人見てるんじゃないの?大勢の前でやる?

 

5自撮りをあげるやつ。本当にいるんだって感動しました。

 

6人をミュートしてます宣言する人。いや、黙ってやろうよ。

 

 5chの掲示板とかで愚痴られていることって本当だったんだなって思いました。Twitterは魔の巣窟。

 私はTwitterでは常識人を装っていますので本当にびっくりしました。ここのブログはどことも繋がってないいわば掃き溜め的な感じなのでなんでも言ってますが、Twitterアカウントは作品と繋がってしまってます。怖くて滅多な事はできません。

 ただ当人たちにはリアルと繋がってないからなにやってもいい的なノリなのかもしれないですね。自撮りはリアルと繋がりかねないですが

 ちなみに分けて書いたので別々の人に見えるかもしれませんが、やばい人は複数の要素をだいたい持ち合わせてます。ツイートの頻度が高いだけならただのツイ廃で終わりますが、ツイート頻度が高すぎな人間はだいたい別のやばい要素も持ち合わせてることが多い。

 

 実は今回話したかったのはこういう人迷惑って話じゃなくて、こういう人って見てると面白いんですよね。次は何を呟いてくれるんだろうって。正直普通の呟きしてる人より面白いです。ただ仲良くしたくないのであまり反応しませんが。私にとってTwitterは仲良い人と話すためとこういう痛い人を観察するために存在してます。

 結局自分の性格悪い表明で終わりましたね。ちなみにこういう人に絡まれると見てて楽しいとか言ってる場合じゃないくらい大変らしいので、そうならないことを願ってます。

 でもなんででしょうかね?ノリが合わないとお互いにわかるのか今のところそういった人と仲良くなりそうな感じはないです。やはり自分と同じようなテンションの人ばかりと仲良くしてます。

 

 実はちょっと羨ましくもあります。私も『新作ひとつも感想来ない、鬱だ。死のう。』とかツイートしたい。まじで感想来ないな。誰か送って欲しい。コピペでいいから。