エロければいいんだろというヤケクソ

 前回BLはエロければ伸びるという話を書いたのでそれにかこつけて自分語りします。

 

 現在は割とそうではありませんが、ちょっと前の私は精神的にめちゃくちゃ荒れてました。ましましの承認欲求のところで書きましたが、多少評価を貰おうが感想をもらおうが上ばかり見たり、新作に感想がなかったりそんな些細なことで荒れまくってました。

 その当時の自分は客観的に自分の小説が面白くないってことに全然気が付けていなかったのでこんなに頑張って書いてるのに!なんで!もういい!みてくれないなら消してやる!的なメンヘラ思考に陥りかけてました。

 

 そんな破滅的思考の中、伸びた作品を分析してみると1つの共通点が。そうエロです。R18シーンをもりもりに盛った作品が1番伸びたんです。

 内容は書いてもおそらく特定できないくらいよくある作品なのでもう書いちゃいますね。オメガバースの番の2人がただヒートでやりまくるだけの話です。この説明で意味がわからないって人は一般人です。決して用語についてググることなく一般人のままでいてください。意味がわかる方はお仲間です。

 つまりはやることやるだけみたいな話がものすっごく伸びたんですね。これは嬉しいような悲しいようななんとも言えない気分でした。もっと頑張ってストーリー考えた話いっぱいあるのに。

 

 はい、で、結果なにが起こったか。エロければもうそれで伸びるんだろというヤケクソ思考でエロを書きまくりました。結果、まあまあ伸びました。なんなら閲覧数は自作の中でトップです。ありがとうございます。

 このヤケクソはエロシーンの練習にはなったので結果オーライではありましたね。で、このヤケクソが止まったきっかけはとある作品をあげて大爆死したからですね。

 その作品はR作品ではないんですけど、よくある定番ネタではありました。ただマジでおもんない。深夜テンションで適当に書き上げたから。よくもこんな面白くない話書いたなと自分でも思います。

 ただ、そのときの私はどうせどの作品をだしても同じくらいブクマがつく。固定の人が読んでるだけ。Rシーンが多いか少ないか読者はそれくらいしかみてない。みんなちゃんと読んでなんかないってたかをくくってました。

 そしたらちゃんと大爆死しました。

 ショックですらなかったですね。ああ、みんなちゃんと読んでるわ。だってこれおもんないもん。って思いました。Rなし作品の中でダントツの大爆死、笑ってしまうくらいでした。

 みんなちゃんと読んでくれてたんですね。

 

 たとえ長文であろうともエロでもエロじゃなくてもみんな結構しっかり読んで評価してくれてたんですね。それに気がついてないのは自分だけでした。読者さんを馬鹿にしすぎてました。

 

 以後エロければいいんだろっていうヤケクソ思考はなくなりました。エロありの方がもちろん伸びます。ですけどRなし作品でもちゃんと読んでもらえてるんですね。面白くかけたらそれだけきちんと数字に出るってことです。

 ちなみにエロありでもストーリーが面白い方がもちろん伸びますよ。面白いっていうのは何もシリアスだけじゃありません。アホエロにも面白いストーリーとそうでないものがありますから。読者は公平で正直だなって感じました。

 

 そういういろいろなことがあって結局私は自分の文章がそんなに面白いものではないし、その割には結構評価もらってる方だなとだんだん気がつき始めてきます。

 そして気がついてしまうと書く気が失せてきたりするんですけど、そのことについてはまたいつか書きますね。

 こんなに長い文章を最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。